外資系転職をしてから後悔しないためにはどうすれば良い?

admin
2019年9月28日

自分の社会経験や能力を活かせる職種を探そう

外資系転職に関心を持っている人の数は年々増加していますが、転職後に前職とのギャップを感じないようにするには、できるだけ自分の社会経験や能力を活かせる職種を選ぶことが大切です。外資系企業の職種には、営業や企画、マーケティングなど様々なものがあります。職種によって必要とされるキャリアやスキルに大きな違いがあるため、転職活動を通じて興味を持った企業の担当者に質問をしたり、求職者を対象としたウェブサイトなどを覗いたりすると良いでしょう。最近では、若年層の中途採用者を受け入れるために、採用後に様々職種を体験できるシステムが導入されている外資系企業も多くあり、研修期間中に働きがいのある職種を見つけることが可能です。

就活に行き詰った時はエージェントに相談しよう

外資系転職に慣れていない人は、仕事選びに長い時間が掛かったり、自分が向いている仕事が分からなかったりすることがあります。そこで、スムーズに魅力的な職場を探したい場合には、外資系転職に関する様々なサポートを行っているエージェントに相談をすることがおすすめです。業界大手のエージェントの中には、面接や就活に必要な書類の作成の他、求人検索など様々な面でアドバイスをしてくれるところがたくさんあります。また、外資系転職のメリットとデメリットについて詳しく知っておきたいことがあれば、様々なエージェントの公式サイトや転職の成功者の体験談などを参考にして、信頼できるキャリアコンサルタントに無料で話ができるエージェントを選ぶことが肝心です。

日本国内のIT業界は人手不足で労働条件が問題視されていますが、外資 IT企業なら高給取りで、仕事が終われば自由に退勤できる企業も多いようです。