ドライバー求人の応募をする前に気を付けたいことは?

admin
2019年9月29日

採用後の免許取得のサポートや研修の有無に注目しよう

ドライバー求人に応募をする際は、不安なく新しい仕事に取り組むために、志望企業の採用後の免許取得のサポートや研修の有無についてよく調べましょう。特に、大型や中型のトラックを運転して順調に仕事をこなせるようになるには、少なくとも数年の実務経験が必要となるため、新人のドライバーへの教育が行き届いている企業を見つけることが何よりも大事です。例えば、若手のドライバーのキャリアを大切にしている運送会社においては、業務に必要なトラックの免許を無料で取得できるようにしたり、免許取得後に先輩のドライバーによるマンツーマンの研修を実施したりしているところもあります。そのため、早い段階から運送業界の求人情報に目を通して、就職先の候補を決めておくと良いでしょう。

幅広い年齢のドライバーが活躍している企業を探そう

ドライバーとして着実にキャリアを積みたい人は、幅広い年齢のドライバーが活躍している企業で働くことが重要です。特に、数ある企業の中でも、ベテランのドライバーの基本給や手当を高額に設定しているところや、正社員や契約社員を対象にボーナスの支給が行われているところは、様々な立場のドライバーから関心が集まっています。また、ドライバーの仕事内容は、企業ごとの事業内容や営業範囲、在職中のドライバーの人数などに大きく影響を受けることがあります。そこで、できるだけ自分に合った仕事を見つけるため、就職活動中に色々な企業のドライバーの働き方について理解を深めることがおすすめです。

物流業界は慢性的な人手不足に悩まされています。そのため、性別を問わないトラックドライバーの求人が増えているのです。