様々な製造現場で活躍出来る期間工を紹介!

admin
2019年10月1日

どんな製造分野で働けるか

期間工は、半年・1年・2年といった期間限定の契約で働く事が出来る方法です。期間工として活躍出来る現場は、日本の経済を支える製造現場が最も多くなっていて、自動車・半導体・精密部品・重機といった大手メーカーで採用が行われています。ちなみに、多くの現場は製造現場で働いた事が無い人でも応募可能で、製造メーカーに所属して働くのではなく、期間工を派遣する事業者に登録して働くのが一般的です。派遣事業者は、人口が多い都市に事務所を構えていて、そこで派遣登録する事が難しい人向けの登録会を地方都市の公共施設で実施する事もあります。

期間工の給与体系や待遇について

期間工の給与体系は時給制(1200円から2000円の間)が多く、週5日の日中勤務だと月収が25万円を超えます。更に、夜勤の回数を増やすと30万円を超える事も不思議ではありません。そして、各種手当も充実しており、入職祝い金・退職金・皆勤手当などが数万円から数十万円単位で支払われ、入職祝い金に関しては一定期間働いてから支給されます。期間工として働いている間は、住居をどこにすれば良いかを迷いますが、ほとんどの事業者は工場近くの家電付きの格安寮や無料の寮を提供しているので、遠方から来る人でも安心して働く事が可能です。なお、自家用車やバイクなどを持っていない寮暮らしの人は、通勤の手段が徒歩や公共交通機関に限られるものの、大規模な工場の場合は寮と現場を送迎バスが運行しており、通勤で不便を感じる事は無いでしょう。

期間工は一般的に寮に住み込んで働く契約社員の形態をとる仕事で、主に自動車メーカーでは組み立て作業を行ったり、他にもパーツの組み立てなどを行います。