設備の安全安心を守る大切な仕事! 警備員の役割とは

admin
2021年9月3日

企業や商業施設の頼もしい存在

警備員は、その名の通り警備を担当する専門スタッフです。警備員の職場は企業や商業施設が多く、出入りする人間をチェックしたり、敷地内を巡回して危険がないか点検したりします。不審者や危険物に対する予防として、心強い存在です。警備員が配置される企業や商業施設が直接雇用する例は少なく、警備事業を専門に行う企業からスタッフが派遣される例が大半です。警備員としての勤務を希望するなら、警備事業を行う企業の求人情報を確認するとよいでしょう。警備員の仕事は特別な資格が求められるものではありませんが、自動車の運転免許があると応募先の選択肢が広がるかもしれません。24時間体制の警備が行われる勤務地はめずらしくないため、夜勤が要求されることもあります。

警備員に求められる条件とは

警備員の仕事に応募したいとき、何か条件はあるのでしょうか。詳細は募集している企業によって異なりますが、いくつか共通する部分はあります。まず、健康な身体がなくてはいけません。万が一の事態が発生すれば走ったりすることも考えられるので、肉体的に不自由な点があると採用されにくいおそれがあります。また、視力についても一定の基準がある場合があります。メガネやコンタクトレンズを使用するのは問題ない例が大半です。面接などを経て採用されると、すぐに勤務開始ではありません。現場に出る前に、研修があります。法律上の知識や安全確保のために必要な知見を身につけてから、現場に派遣されます。慣れないうちはチームで勤務にあたり、夜勤などで単独勤務になるのはしばらくしてからになるのが通例です。

警備員の求人はアルバイト、パートでの募集がメインです。未経験でも応募でき、自分の都合に合わせた時間帯に働くことができます。