フォークリフトの仕事を始めよう!メリットとデメリット

admin
2021年9月3日

働ける場所が多いのが魅力的なポイント

フォークリフトの仕事は都市部にも地方にも存在します。倉庫や工場ではフォークリフトを使うことが多いので、工場地帯では需要が安定しています。その他にも鉄工所や林業、建設業といった仕事でもフォークリフトの仕事は必要になるので、働ける場所が多いというのがメリットだと言えます。この仕事は資格や経験によってキャリアアップを図れるので、昇給したい人にも魅力的な職業です。

基本的にはフォークリフトの操作で荷物の積み下ろし作業を行うので、腕力が必要ないというメリットもあります。腕力が必要ないので、高齢者や女性でも働けるでしょう。フォークリフトの仕事は経験が豊富である方が重宝されるので、高齢の人の方が採用される可能性が高いです。未経験者でも採用してくれる企業もあり、そのような企業ではフォークリフトの資格を取得するまでの支援を行ってくれるのも良いポイントだと言えます。

落下事故のリスクがある

フォークリフトの操作で荷物の積み下ろし作業を行うので、操作を誤ってしまうと荷物の落下による事故が発生してしまう可能性があります。荷物の落下事故で商品を破損させてしまうと、損害賠償を請求されるケースもあるので注意が必要です。また荷物の落下によって周囲の人を怪我させてしまうリスクも考えられます。このような事故を防ぐためにもフォークリフトの操作を行う人は、慎重な行動が必要になります。物流業務の繁忙期には残業を求められることが多いのもデメリットの1つです。残業が増えると体調を崩すこともあるので、その点も注意が必要だと言えます。

フォークリフトはいろいろな業界で使用されているので、フォークリフトの求人を容易に探すことが出来ます。フォークリフトの資格を所有している人は、即戦力としてすぐに採用されます。